Menu

デジタル・ミレニアム・コピーライト・アクト(DMCA)

DMCA (デデジタルミレニアム著作権法)は1998年に米国議会で可決された。これは電子的に、特にインターネットにおいての著作権侵害に対処するためである。

DMCAでのGiganews

DMCAの始まりから、Giganews は、DMCAを真剣に受け止めること止めませんでした。Giganews は、米国著作権オフィスに1998年法的に登録し、今日までその最新の情報のアップデートをしています。私達のDMCAの登録を見るためには、サービス・プロバイダー・エージェントのディレクトリー もしくは、 直接 Giganews の登録のPDFを参照ください。.

下記は、お客様のご連絡が正しく伝わる為の、Giganews への連絡方法に関するガイドです。下記の情報は、DMCAとの長年の経験を通して磨かれたものです。お客様が著作権問題を多く抱えた大企業であろうと、著作権一件だけを持つリトルガイであろうと、お客様の著作権が重要な事実に変わりはありません。そして、DMCAに基づき、著作権の保護をしていきます。

誰がDMCAに関して通知できるか?

DMCAは、DMCAの通知を法的に提示出来る者を、著作権保持者のみに制限する。もし、あなたが著作権保持者か、そのエージェントで無い場合で、著作権侵害だと考える事項がサービスに見受けられた場合、著作権保持者に連絡をするべきである。DMCAの法的に見て、著作権保持者のみがそれを確認、偽証の刑罰を考慮した上で消去される。

DMCAのお知らせ内で、どの様な情報が必要ですか?

フォーマットされたDMCA のお知らせは、確立されたガイドラインとプリンシパルを厳守します。必要なフォーマットされたDMCAのお知らせは:

  1. DMCAへ応募したエントリーの人の身分証明を消去する。
  2. 著作権所有者との関係を明確にしてください(本人か権利を有する代理人)。
  3. すべての記事のメッセージIDを、DMCA通知がGiganews に要求し書き出します。 いくつかのファイルが複数のユースネット記事に投稿するのに十分な大きさであることを心がけてください。 これはマルチバーと投稿と呼ばれるものです。あなたの書き出す記事がメッセージIDにより必ず判明できるようにしてください。
  4. 偽証についてのペナルティにより, 通知した 情報が正確であり、あなたが著作権保持者であるか、もしくは著作権保持者の ために行動することを許諾されているという言明を撤回してください
  5. 「フィジカル・エレクトロニック・シグナチャー」おてゃ、オーナーの代わりの人間がサインをするということです。これは、許可を得た人間が、連絡先である氏名、住所を持つことを義務付けられます。
  6. メールの表題が”著作権侵害”に属するか、などまだDMCAの規定に定められていない間はDMCAの通知をフラグしてスパンの分類を素通りする。
  7. 我々が登録した著作権オフィス に著作権法セクション512(C)にしたがって、e-メールアドレスの で、に対して通知を提出します。

気兼ねなく きちんと構成されたDMCA通知のサンプルをご覧ください,しそして、これをテンプレートとしてあなたの独自の DMCA通知のテンプレートとして必要に応じてお使いください。

私は著作権保持者ですが、どの様に著作権の保護をすれば良いですか?

インターネットは複雑です。 色々なプロトコールとアプリケーションがウェブ以外にあり、情報を共有する新しい方法は常に作られています。 インターネットがどう情報共有されるためにつかわれているかついていくのにはもっとも技術的な人以外には殆ど不可能です。 我々はインターネットの技術的進歩は悪いとは思っていません、これはただインターネットの現実です。

常に環境は変化しており、インターネットを飛び交う著作権を有する情報に関する政策も複雑極まりないので、デジタル界における著作権所有者の為の新しいビジネスが形成された。 オンライン上の著作権やブランド物の保護を事業とする企業は巨大インターネットを監視するシステムを開発し、顧客のため新しいインターネット技術をもって既得権を堅持している。著作権所有者はインターネット上での侵害から身を守るにはこのような企業に連絡を取ると良い。

ギガニュースは的確な通知にどう対処するか?

メッセージIDときちんとした形式のDMC通知を通じて、抵触事項の正式な判別を持つに至ると直ちに、我々は今後の抵触事項のすべての判別を取り消します。 事項の取り消しの過程において、すべての条項についてそれぞれの記事がGiganews のお客様によって投稿されたかどうか判断するために分析し、もしそれが投稿されたものである場合、そのお客様に対し、我々は「2ストライクでアウトのポリシー」を開始します。 最終的に、e-メールによってあなたの通知に対し、あなたが判別した事項が我々によって取り消された旨を通知することで回答します。

ギガニュースの"ツーストライク バッターアウト ポリシー”とは?

DMCAは、「場合によって、(私達の)システムやネットワーク内で侵害を繰り返すアカウント保持者に対して、アカウントを抹消するポリシーを持つ」ことを義務付けている。DMCAでは、「繰り返し」の定義が無いので、ギガニュースは「侵害を繰り返す者」を最低限に抑えることにした--2回。

Giganews受信契約者が投稿した資料が違反であることを伝える正当なDMCA通知を受け取ると直ちに、我々は当社の"著作権違反通知"をその受信契約者に電子メールで通達し、その受信契約者の投稿権利を一時的に停止します。今後違反が発生しないことを我々が明確に確証できるまで、投稿権利は再開されません。明確な確証を受け取った後、侵害する資料が投函されたと2度目のDMCA通知を受け取るった場合は、Giganewsの独自判断でそのアカウントを打ち切るか、またはそのアカウントからの投函を一切禁止するよう取り計らいます。

最高のユーズネットサービスを体験しよう。 無料トライアルを始めよう

Giganews® そして Giganews ロゴはGiganews, Inc. ©2017 Giganews, Inc.
アメリカ合衆国の登録商標です