Menu

Giganewsによって発表された暗号化されたUsenetアクセス

2006/10/27

このニュースは 6 ヶ月以上前のものです。ここに掲載される 情報は Giganews の最新のサービスを反映するものではありません。

テキサス州オースティン —世界の主要なプレミアムUsenetサービスプロバイダである Giganews, Inc.は本日、暗号化された Usenet アクセスへの主要な展開を発表しました。Giganewsは極めて効率的なSSL(セキュア・ソケット・レイヤー)暗号化を Giganews独自の専用のUsenetプラットフォームで使用するUsenet暗号化サービスを開発しました。 暗号化されたUsenetアクセスにおけるGiganewsのデプロイメントは、顧客のフィードバックへの対応、有名なニュースリーダープログラムにおける暗号化サポートの拡大、および可能な限り最も高レベルのセキュリティおよびプライバシーを提供するという欲望で実現されています。

暗号化されたUsenetアクセスによって、 Giganewsの顧客は安全および個人的にUsenetニュースグループに参加することができます。Giganewsから顧客のコンピューターに送信されるすべてのデータは暗号化されます。これにはユーザ名、パスワードデータ、記事、投稿物、およびヘッダーが含まれます。初めて Giganewsの暗号化されたUsenetサービスは、高パフォーマンスの環境下で顧客に安全性、プライバシー、および匿名性を提供します。

Giganews は専用の技術を活用し、暗号化されたUsenetアクセスを Giganewsの標準Usenetサーバー環境で実行することに成功しました。すべてのUsenetトラフィックはGiganewsのリーダーのサーバーで暗号化され、別の暗号化サーバーを通過することはありません。これにより、Giganews はトラフィック渋滞を避けることができ、また非常に高いレベルの冗長化を維持することができます。

"我々は需要の高い特徴の遂行によりプレミアムUsenext団体を先導し続けています。我々の顧客からセキュリティーやプライバシーへの懸念が高まり続けている中で、暗号化されたUsenextアクセスの開発は自然の進行の一部でした。" -Giganewsの最高経営責任者、ジョナ・ヨクバイティス

暗号化されたUsenetアクセスはすべてのGiganews 顧客に追加のサービスオプションとしてご利用いただけます。暗号化されたUsenetアクセスを実行する上で必要な帯域幅オーバーヘッドが増大したため、Giganews ではアカウントに暗号化されたUsenetアクセスを追加していただいた顧客に対してさらなる10の同時接続を提供しています。

暗号化されたUsenetアクセスは Giganewsによって実行されている、多言語ウェブサイト、紹介に対する追加のボーナス、およびバイナリニュースグループにおける90日間の保存期間へのアップグレードを含む、一連のサービス改善策の中でも最新のものです。Giganewsの暗号化されたUsenetアクセスサービスに関する良くある質問はhttp://www.giganews.com/faq.htmlでご覧いただけます。

暗号化されたUsenetアクセスとは?

暗号化されたUsenetアクセスではSSLを使用して、クライアントおよびサーバー間で送信されるすべての情報を暗号化します。SSLを使用して接続を暗号化することで、身元の窃盗(盗まれたユーザ名およびパスワードを経由した)の可能性やその他のセキュリティ上の懸念を大幅に減らすことができます。SSLは、オンラインストアやGiganewsの独自のサインアップページなどの安全な接続性を必要とする多くのウェブページで使用されているものと同じ技術です。

Giganews の詳細については、 http://www.giganews.com/ にアクセスしてください。

Giganews は Giganews, Inc. の商標です。このドキュメントに 記載されているその他の商標は、それぞれの所有者に帰属します。 .

RSS 最新ニュース

最高のユーズネットサービスを体験しよう。 無料トライアルを始めよう

Giganews® とGiganewsロゴは、Giganews。, Incの登録商標です©2016 Giganews, Inc.