Menu

Giganews 内蔵型ソーシャルブックマーキング、RSS、およびアトムサポートを発表

このニュースは 6 ヶ月以上前のものです。ここに掲載される 情報は Giganews の最新のサービスを反映するものではありません。

顧客経験およびコミュニケーションを向上させる目的で、Giganews, Inc.は、企業ウェブサイトのために組み込み型のブックマーキングおよびRSS/アトムフィードのサポートを開始しました。

ウェブ・フィードとして知られるアトムまたはRSSフィードは、Giganewsにニュースや告示やブログ掲示を直接エンドカスタマーに配信することを可能にします。 Giganewsのニュースや告示に関してはhttp://www.giganews.com/press/recent_news.rssのRSSフィードを通して配信されます。 Giganewsのブログ掲示はhttp://www.giganews.com/blog/feed/atom.xmlのアトムフィード、もしくはhttp://www.giganews.com/blog/feed/rss.xmlのRSSフィードで見ることができます。

RSS & アトムのフィードは一般にRSS/アトムリーダーとして知られているソフトウェアを読み込みます。いくつかの人気のあるニュースグループのクライアントもRSS/アトムフィードをサポートしているため、 Giganewsの顧客はGiganewsのUsenetニュースグループサービスを楽しむ際に使用するもとの同じソフトウェアを使用して Giganewsのニュースやお知らせの最新情報を得ることが出来ます。

ウェブフィードサポートに加え、Giganewsは興味深いコンテンツを Digg (http://www.digg.com)、 Del.icio.us (http://del.icio.us) およびTechnorati (http://www.technorati.com)などの有名なソーシャルブックマーキングサイトを通じてGiganews ウェブサイトに「タグ」およびリンクすることができる機能を組み込みました。組み込まれたソーシャルブックマーキングにより、 Giganewsの顧客は容易にお気に入りのGiganewsコンテンツについて仲間と話し合いおよび共有をすることができます。

"ニュースやウェブ上からの興味深い内容についていく方法としてますます人気を得ているのはウェブフィードやソーシャルブックマーキングです。Giganewsでの最新の発展について顧客に情報を提供する方法としてウェブサイトのフィードが付け足されました。" Giganews最高経営責任者、ジョナ・ヨクバイティス

Giganewsのウェブサイトを最新の情報共用と配信テクノロジーにアップデートするのはGiganewsにとっては自然の流れであった。複数の2元ニュースグループリテンションのアップグレード(最大90日)やテキスト・ニュースグループ・リテンションが1100日を越えたり、多言語ウェブサイトのサポートなど、多忙なサービス改善に追われていたからだ。

WikipediaにてRSSとアトムフィードに関しての詳細をご覧ください:
http://en.wikipedia.org/wiki/Rss_feed
http://en.wikipedia.org/wiki/Atom_%28standard%29
http://en.wikipedia.org/wiki/Social_bookmarking

Giganewsの詳細についてはhttp://www.giganews.com/をご覧ください。

Giganews は Giganews, Inc. の商標です。このドキュメントに 記載されているその他の商標は、それぞれの所有者に帰属します。 .

RSS 最新ニュース

最高のユーズネットサービスを体験しよう。 無料トライアルを始めよう

Giganews® とGiganewsロゴは、Giganews。, Incの登録商標です©2016 Giganews, Inc.